加盟シェアオフィス紹介

テレワークもリアル会議も 「カラオケ館」をOFFICE PASSで

テレワークもリアル会議も 「カラオケ館」をOFFICE PASSで
カラオケ館

カラオケ館はオフィス代わりになるのか?OFFICE PASS事務局が実地レポート

OFFICE PASSでは、2022年10月よりカラオケ館全店舗(211カ所)をワークスペースとしてご利用いただけるようになりました。
アクセス良好、約40種類のソフトドリンク飲み放題、そしてオンライン会議に便利な完全個室と、魅力的なワークスペースです。

しかし、カラオケボックスというと、「ちゃんと仕事ができるイメージがない」「歌いに行くところでしょ?」と、不安になる方も多いと思います。
そこで、今回は我々OFFICE PASS事務局が実際にカラオケ館をワークスペースとして利用してみた結果をレポートします。さらに、カラオケ館の運営会社である株式会社B&Vにも取材。カラオケボックスを仕事で使う際の心得と活用法をたっぷりお届けします。

カラオケ館 銀座総本店でテレワーク

初めて利用したのは平日の午後。東京・銀座の数寄屋橋交差点からほど近い「カラオケ館 銀座総本店」を訪れました。広々としたロビーは人もまばらで受付もスムーズです。OFFICE PASSでの利用であることを伝えてから受付で店員の方にQRコードを読み取っていただきます。(※受付方法は2022年10月現在)

カラオケ館 銀座総本店の受付前
カラオケ館 銀座総本店の受付前

案内されたのは3階のテレワークフロア。フロア全体が仕事目的の利用に限定されているため、他の部屋から歌声が聞こえてくることは一切ありません。銀座総本店に限らず、多くの店舗でテレワークフロアが設けられているため、うるさくて仕事にならないといった心配は無用です。伝票を受け取ったら、指定の部屋へ向かいます。

歌声が聞こえないカラオケボックスの廊下はとても新鮮です
歌声が聞こえないカラオケボックスの廊下はとても新鮮です

3階のテレワークフロアは廊下も静かです。
フロアが分かれていることに加え、そもそもカラオケ利用とテレワーク利用ではよく利用される時間帯が重なりづらいため、音があまり気にならない環境となっているようです。

各室で壁紙が異なるのが楽しい
各室で壁紙が異なるのが楽しい
広い部屋も1人で使える
広い部屋も1人で使える

当日はテレワークフロアのうち複数の部屋が使われているようでしたが、廊下に声や音が漏れてくることは一切ありませんでした。廊下で聞こえてくるのは適度なボリュームで流れるBGMのみ。カラオケボックスと思えないほど静かです。

案内された部屋はコロナ禍でご無沙汰だった、懐かしさすら覚えるカラオケボックス。相席ではなく、1人1室、完全個室です。

部屋に入って照明のスイッチを入れると、数秒間ダウンライトが華やかに明滅した後で部屋が明るくなりました。ちょっと驚きますが、カラオケをする前ならきっと盛り上がりに一役買うだろうなと思います。
照明は、少し暗いかな、と感じましたが、窓がない部屋でもPC作業をする際の明るさとしては不足ありません。ただ、窓がない閉塞感は否めない部分があります。窓がある部屋が設けられている店舗も多くあるので、受付で問い合わせてみても良いかもしれません。(空室状況により、ご希望に添えない場合もあります)

ドリンクの種類も約40種類と豊富です。飲み放題のドリンクを室内にある電話から注文できるので、ぜひお気に入りを見つけてください。事務局のおすすめはホットココア、みかんホワイトウォーター、オレンジマンゴーです。

Wi-Fiの案内も室内のわかりやすいところに掲示されています。Wi-Fiは全店で完備。ただしパスワード不要のフリーWi-Fiであるため、セキュリティを気にする方は接続に注意が必要です。

案内された少人数用のカラオケルームは1人で利用するには十分な広さ。ソファの好きな場所に腰を落ち着け、テーブルの上にPCを取り出します。ここで気になるのはPCの電源確保です。液晶モニターの下にあるラックに目をやると、延長コードから伸びるコンセントの口を発見。テーブルからラックはほど近く、PCのコードを伸ばしてコンセントに差し込むことができました。広い部屋でコードの長さが足りない場合、受付で追加の延長コードを借りることもできます。

延長コードの差し込み口は各室に設置
延長コードの差し込み口は各室に設置

カラオケボックスといえば、大きな液晶モニター。ノートPCの画面に加え、この液晶モニターをサブ画面として利用できれば便利そうですが、今のところできないようです。今後の対応に期待したいところです。

カラオケ館 銀座総本店からオンライン会議に参加

カラオケボックスでのオンライン会議を試してみるべく、あえて会議が予定されている日に来訪したこの日。まず気になるのは廊下や周囲の部屋の音を拾わないか、そして自分の声が外に漏れないか、という点でした。廊下にはBGMが流れていますが、室内に漏れ聞こえてくることはありません。隣室も利用中でしたが声もまったく聞こえてこず防音はばっちりでした。カラオケらしいカラフルな壁紙も、オンライン会議ツールの背景を使えば気にする必要はありません。

1時間弱の会議で、会社や自宅と同じように快適に議論に参加できました。聞くのも話すのも、オンライン会議をする環境としては最高と言えます。ただ、会議終了後は腰に若干の疲労を感じました。ソファに対してテーブルが低く、PCに向かっているとどうしても前傾姿勢になってしまいます。この体勢を維持していると腰や首に負担がかかってくるのは否めません。

とはいえ、机の位置は動かせるので、好みの位置に微調節できるのは嬉しいポイントだと感じました。またソファ自体は長時間座っていても苦ではなく、背もたれが直角なためPCでの作業の際に大きく姿勢が崩れることもありません。くつろぐためのソファというより、「座るための柔らかい椅子」という印象です。

オンライン会議終了後はしばらくPC作業を行いました。腰への負荷を軽減すべくときどき背中を伸ばすなど意識的に姿勢に注意を向けながら、かなり集中して作業にあたることができました。空調も好きなようにコントロールできるので、途中で暑くなってきたらエアコンを送風に切り替えるなどし、室温も適切に保てます。

そうこうしているうちにすっかり日も暮れてきました。OFFICE PASSで利用できるのは、カラオケ利用客で混みあってくる19:00までです。もう少し仕事を片づけたいと後ろ髪を引かれつつ、部屋を後にしました。退館の際は、カラオケ利用時と同じように伝票を受付に戻します。食事や有料ドリンクの注文がなければ、そのまま退出していただけます。

カラオケ館 銀座総本店でチームミーティングをやってみた

翌日はOFFICE PASSチームが隔週で行っている定例ミーティングの開催日です。オンライン会議や個人作業が快適にできることはある程度予想できましたが、対面でのミーティングはどうなのか。これも試してみたくてチームメンバーに呼びかけ、2日連続で銀座総本店にお邪魔することにしました。今回ミーティングに参加するのは6人。金曜日の午後2:00に同店に集合しました。

まずは受付で1人ずつ順番にチェックイン。複数人で1つの部屋を使う場合でも、入館時に全員がそれぞれのQRコードを提示する必要があります。複数人で1室を利用することを受付でお伝えください。
この日に案内してもらったのは窓際の大きい部屋(元々の定員は20人だそうです)。

銀座総本店3階 テレワークフロアで最も広く眺めもよい窓際の部屋
銀座総本店3階 テレワークフロアで最も広く眺めもよい窓際の部屋

6人で利用するには十分な広さです。一室に集まって話すという点では会社の会議室を使うのと同じですが、カラオケボックスでカラオケをせずにミーティングをするというのがなんとも新鮮。各々好きなドリンクを注文し、着席。密にならない適度な距離が保てます。

延長コードを借りれば複数のマシンもラクラク同時給電
延長コードを借りれば複数のマシンもラクラク同時給電
「ドデカジンジャーエール」を片手に議論が白熱
「ドデカジンジャーエール」を片手に議論が白熱

アイスドリンクは大ジョッキの「ドデカサイズ」も注文可能。運ばれてきたドデカサイズのジンジャーエールはジョッキに入ったハイボールと見まごう見た目で、一同大盛り上がり。このネタが適度に場を温める最高のアイスブレイクとなったところでミーティングがスタート。会社の会議室やオンライン会議ではこうはいきません。

会社の会議室と比べて足りないのはプロジェクターくらいでしょうか。液晶モニターを利用して資料の投影ができればベストですが、今回の部屋では利用できず。ただ、こんな時にはオンライン会議ツールを音声なし・画面共有機能のみ利用すると用が足ります。ミーティングの進行になんら支障はありませんでした。

カラオケ館はなぜテレワーク利用の受け入れを始めたのか

今でこそ各カラオケチェーンがテレワークプランを設け、歌わないカラオケ客の受け入れをしていますが、そもそもこの取り組みはそんなに当たり前のものではなかったはず。そんな疑問を解消すべく、カラオケ館を運営する株式会社B&Vの本社を訪ねました。

お話を伺ったのは営業推進本部長の荒井兼一さんと営業推進部主任の宮崎佑亮さんです。

株式会社B&V 荒井兼一さん
株式会社B&V 荒井兼一さん

荒井 テレワークプランをホームページに掲載したのは2020年の7月8日です。コロナ禍で空いている部屋が出てきて、カラオケルームを個室としてどう活用できるかということを考えました。カラオケとテレワークのメインの利用時間帯はちょうど入れ違いで互いを邪魔しない。他社も同様の取り組みを始めている中で、特に大きな運用の障壁もなくスタートしましたね

ーーテレワーク利用客を受け入れるうえで工夫した点はありますか。

荒井 音漏れが最大の課題になることは明らかだったので、カラオケ客とフロアを分けることは原則としました。店舗ごとにもうまく工夫しながら棲み分けを行っているので、これまで大きなクレームがでたことはありません。
カラオケ館はWi-Fiの導入が他チェーンに先駆けていたこともあり、仕事ができる環境はもともとほぼ揃っていたと思います。オンラインミーティングが浸透する中で個室環境を求める方々のニーズにうまくマッチしました。

「カラオケルームは禁煙」は今の時代の常識 加熱式タバコOKの部屋も設けニーズに対応

宮崎 ただ、カラオケボックスに対する一般的なイメージから、仕事をする場所と結びつかないと言われる方が多いのも確かです。歌っている隣で仕事はできない、など音に関するイメージの他にも、部屋がタバコの匂いがするのでは、などもよく聞く懸念です。

カラオケボックス内はどこでも喫煙できたのは昔の話で、今は室内は禁煙が原則。一方で加熱式タバコを吸えるタイプの部屋はどの店舗にも複数設け、ニーズに応えています。紙巻タバコを吸うお客様には都度、喫煙室を利用いただいています。もちろん、テレワーク利用のお客様にも同様のご案内をしています。

ーー確かに、室内でタバコの匂いが気になることはなかったですね。

ーーOFFICE PASSと連携し、今後期待していることはありますか。

荒井 テレワーク利用をきっかけに、カラオケをしようという時にカラオケ館を思い浮かべてもらえるようになれば嬉しいですね。

カラオケ館を訪れチームで久しぶりにオンラインではないミーティングをした先日、久しく味わっていなかった皆との一体感に浸り続けていたくて、そのままカラオケに突入したい気分になったのは本当のことです。チームでの白熱ミーティングの後、ジンジャーエールを生ビールに持ち替えてカラオケで打ち上げーー。チームのエンゲージメントが課題とされるオンライン時代の昨今、こんな利用方法も一体感を高める方法として有効かもしれません。

「カラオケボックスでテレワークする」というのは、まだまだ新しいワークスタイル。
そのなじみのなさ故に、「カラオケ」と「仕事」がなかなか結びつかないという方も多いと思います。
しかし、一度実際にカラオケボックスで仕事をしてみると、その使い勝手の良さがわかります。
もともとはカラオケ利用が減少したことへの対策として始まった、ワークスペースとしてのカラオケルームの利用。カラオケ館では、今後カラオケ利用が回復してきたとしても、テレワーク利用のためのサービスは継続していくといいます。
これから当たり前になるかもしれないカラオケボックスを使った働き方をぜひ一度、OFFICE PASSで体験してみてはいかがでしょうか。

カラオケ館銀座 総本店

カラオケ館銀座 総本店
基本情報 有楽町駅から3分
事前予約をする事も可能です(店舗へ直接電話でご連絡ください。その際「OFFICE PASS」事前予約でのご利用とお伝えください)。 なお、予約の時間が過ぎてご来店がない場合はキャンセルとさせて頂きます。
利用可能
プラン
全プラン
住所 東京都中央区銀座4-2-17 銀座111レジャービル
利用可能時間 平日:11:00- 19:00
電話番号 03-3562-8331
HP https://karaokekan.jp/shop/detail/61

使いたいエリアにカラオケ館があるか探してみる

検索はこちら

※カラオケ館はOFFICE PASSの全プランでご利用いただけます。プランの詳細はこちらから。